学問がすべて

つまらないは正義

Togetterまとめまとめ

戦隊もののキャラクターデザイン

 おそ松さんと色盲・色弱




 実際の所、スーパー戦隊シリーズ全40作のうち、キャラクターを見わけるポイントが色だけという作品は少ない。せいぜい「電磁戦隊メガレンジャー」(男性3人、女性2人がそれぞれ同デザイン。マスクだけなら全員同デザイン。)くらいだ。
 よく見れば色以外の違いがあることがわかるが、遠目だとわかりづらいという基準にしても、せいぜい「科学戦隊ダイナマン」、「超新星フラッシュマン」、「鳥人戦隊ジェットマン」、「忍者戦隊カクレンジャー」が加わる程度。多く見ても全作品の8分の1でしかないのだ。

 また、スーパー戦隊シリーズのキャラクターにはとっくの昔から白や黒が使われている。初期メンバーに限っても、白は1985年の「電撃戦隊チェンジマン」のチェンジマーメイド、黒は1982年の「大戦隊ゴーグルファイブ」のゴーグルブラックまでさかのぼることができる。
 また、「電撃戦隊チェンジマン」、「鳥人戦隊ジェットマン」、「忍者戦隊カクレンジャー」、「百獣戦隊ガオレンジャー」の4作では、初期メンバーの中に白と黒の両方がいる。
 「考慮する」どころか、白や黒の使用は30年以上前に実現されているのである。


参考文献:
「栄光のスーパー戦隊 シリーズ完全ガイド」 メディアワークス
スーパー戦隊シリーズ
スーパー戦隊百科

北京を「ペキン」と発音しても通じない? ~ 日本人は中国の人名・地名を英語風に覚えるべきである


 北京を「ペキン」と発音しても通じない? ~ 日本人は中国の人名・地名を英語風に覚えるべきである

 言うまでもないが、「現地音≠英語風≠世界標準」である。外国の人名・地名を英語風に覚えても、それは英語圏で役立つだけであって、それ以外の地域では必ずしも通用しない。また、現在ではむしろ、英語名より現地名を優先する傾向がある。例えば、ベルギーの首都は、かつては「ブラッセル」と英語風に呼ばれることが多かったが、現在では「ブリュッセル」と現地風に呼ばれることが多い。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ