「左巻き」という言葉がある。この言葉は、辞書では次のように解説されている。

ひだり‐まき【左巻(き)】

1 左の方へ巻くこと。時計の針の回り方と反対に巻いていること。
2 《つむじが左に巻いている人は頭が悪いという俗説から》頭の働きが鈍いこと。

デジタル大辞泉 2018年7月


ひだりまき【左巻き・左巻】

1 時計の針が動く方向と反対に巻くこと。また、そのもの。 ⇔ 右巻き
2 知能が足りないこと。頭がおかしいこと。また、その人。

大辞林 第三版

 「広辞苑 第六版」(岩波書店 2008年)、「明鏡国語辞典 第二版」(大修館書店 2010年)、「集英社国語辞典 第3版」(集英社 2012年)、「岩波国語辞典 第7版新版」(岩波書店 2011年)、「新選国語辞典 第九版」(小学館 2011年)など、他の辞書でもおおむね同じように解説されている。

 上の2つの用法のうち、2の「馬鹿、変人」という用法は、決してそれほど古いものではない。例えば、「日本国語大辞典 第二版」に載っている初出例は1941年のものだ。
 また、2の用法は実際の用例もあまり多くない。例えば、現代日本語書き言葉均衡コーパスに収録されている1971年から2008年までの用例17件のうち、1の意味で使っているものが15件ある一方で、2の意味で使っているものは見当たらない。続きを読む