https://twitter.com/kaichosanEX/status/903820796388294656

 「もふもふ」という語とその広まりについては、2016年7月4日に記事にした。

 この語のネットスラングとしての使用は、少なくとも2005年までさかのぼることができる。また、オフラインでの使用例も、2012年までさかのぼることができる。
 だが、2016年7月4日の記事で挙げた2012~2015年の用例は、漫画の台詞やアニメソングの歌詞など、いわゆるおたく向けの媒体に限られていた。ネットスラングやおたく用語とは縁遠そうな「週刊新潮」での用例が見られたのは、2016年のことだ。

 では、「もふもふ」という語がネットスラングやおたく用語の域を超え、一般に広く使われるようになったのは2016年以降のことなのだろうか? 否、そうとも言い切れない。

 先日、次のような用例を見つけた。

もふもふした体毛につぶらな瞳と、一見可愛らしい風貌だが、実はなかなかパワフル。 (「ふしぎルックス珍獣ずかん」 珍獣コレクター編集部 宝島社 2013年 p. 51)

もふもふとした体毛に愛嬌のある顔立ちで、動物界きっての癒し系アイドル。 (同上 p. 76)

(下線は引用者によるもの)

 これは、2013年に発行された動物の本の解説の文章である。つまり、いわゆるおたく向け媒体以外での「もふもふ」の使用例は、少なくとも2013年までさかのぼることができるのだ。
 なお、「ふしぎルックス珍獣ずかん」では、「もふもふ」という表現に引用符も註釈もつけていない。これはすなわち、2013年の時点で「もふもふ」がごく普通の表現と認識されていたということでもある。