「実践日本語教育を学ぶ人のために」(佐々木瑞枝 世界思想社 2011年)という本には、次のような記述がある。

 「一匹狼」という言葉は男性に使われます。 (中略) いくら女性の地位が向上したとはいえ,「一匹狼」で女性を表すことはありません。 (p.215)

 「一匹狼」という表現が女性に使われている例はほとんどありません。「一匹狼」は必ず男性を指すという暗黙の了解があるからです。 (p.217)

 大嘘である。

(1) 一匹狼の女性がモテる理由6つ。一匹狼女子はモテ要素が詰まっている (「イケジョ通信」 2015年)

(2) 女子同士で群れない「一匹狼女子」が魅力的な理由9パターン (「オトメスゴレン」 2016年)

(3) 群れない一匹狼女子は魅力的。性格や特徴から紐解く男性にモテる理由とは? (「Smartlog」 2017年)

(下線は引用者によるもの)

 このように、女性を「一匹狼」と表現する例は、決して珍しいものではないのだ。

 そして、女性を「一匹狼」と表現することは、決してごく最近生まれた用法などではない。「実践日本語教育を学ぶ人のために」の発行前にも、以下のような「一匹狼」の用例が存在する。

(4) 一匹狼のわたし、ママ友グループからはどう見られてる? (「発言小町」 2009年)

(5) インタビュー:南明奈「マドンナじゃない、一匹狼の高校生でした」 (「ライブドアニュース」 2009年)

(6) 大人の魅力を持つ 誇り高き一匹狼 (「テレビアニメ東京ミュウミュウ公式ファンBOOK」 講談社 2003年 p.13)

 (4)は母親、(5)は女性タレント、(6)は女性キャラクターを「一匹狼」と表現した例である。

 なお、これだけの用例を見つけ出すのに、素人である私が要した時間は数分である。

 佐々木氏は、日本語のジェンダー表現をライフワークとする学者である。そんな先生が、素人が片手間でこなせる調査すら怠るとは、一体どういう料簡であろうか。読者を馬鹿にしているとしか思えない。