「同性婚と同様に一夫多妻も認めろ」と結婚届が提出された…というニュースを受けての感想集

【同性婚認めたから「一夫多妻も認めろ」と結婚届提出 http://5.tvasahi.jp/000053981?a=news&b=ni】
実は以前からも、モルモン教の分派などが多いユタ州などで問題になったりしており、近親婚が禁止されている制度とならんで、この問題は(同性婚の許容の立場からは)知る人ぞ知る難問とされていました。
ですがこの前、米連邦裁判所で「同性婚禁止は違憲」とされたばかりのこの時期に、こういう訴えがあったことで以前とは違う、極めて大きな注目を浴びているようです。その問題への感想集をまとめました。

 元のニュースのページは消えているが、その本文は以下に転載されている。

 【悲報】「同性婚を認めるなら一夫多妻も認めろ」 変態婚を認めたことで広がるモラルハザード

 さて、2015年6月26日、アメリカ連邦最高裁判所は同性婚を認める判断を下したが、その際の裁判所命令の命令文が「美しい」と話題になった。

 人と人のさまざまな結びつきの中で、結婚以上に深い結びつきがあろうか。なぜなら結婚とは、愛の、忠誠の、献身の、自分を犠牲にしてでも守りたい気持ちの、最後に目指す極みであり、家族の生まれるところだからだ。婚姻関係を結ぶことで、二人の個人は、いままでの自分をはるかに超えて深みのある人間になる。

これら訴訟の申立人たちは、たとえ死が二人を分かつとしても、なお途切れぬ愛情が、結婚にはあると証明している。ゆえに、申立人たちが結婚という営みを軽視しているとするのは、大きな誤解である。彼らの申し立ては、結婚という営みの意味を尊重しているがためであり、だからこそ、自らもそれを成し得んとしているのである。

申立人たちの望みとは、最も古い時代よりみなで受け継いできた、婚姻という制度からつまはじきにされぬこと。孤独の内に生きるべしと、無慈悲な宣告をされぬこと。法の下に、平等なる尊厳を求めているのである。憲法は、彼らにもその権利を付与している。よって当法廷は、第六巡回区控訴裁の判断を破棄する。

上記のとおり命令する。

アメリカ最高裁が同性婚を認める その命令文が美しいと話題

 気持ち悪いねえ。文芸作品ならともかく、公的な命令文で「愛」とか、「献身」といった情緒的な単語の連続。鳥肌が立つ。続きを読む