どうせ今年もやるだろう。

 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日「メリークリスマス」とか言う人は、少数者に配慮しないわるいやつ。
 再論「メリークリスマス」。そんな言葉を誰彼構わず言う、マイノリティ無視の偏見者・差別者を叱る(笑)&「聖☆おにいさん」最新刊発売(爆笑)。
 そもそも無差別に「メリークリスマス」とかいうのはPC的によろしくない。(米国のトレンド)

 さて、日本で12月25日に「ハッピーホリデー」と言うことは政治的に正しいか? もちろん正しくない。なぜなら、そもそも「ホリデー」ではないからだ。

 アメリカでは、12月25日は法定の祝日である*。12月25日は宗旨関係なく「ホリデー」だから、「ハッピーホリデー」と言っても間違いにはならない。
 一方、日本では12月25日は普通の日である。今年のカレンダーで12月25日が赤文字になっているのは、日曜日だからであって、祝日だからではない。「祝日=ホリデー」ではない日に「ハッピーホリデー」などと言うことは、ただの間違いでしかない。

 また、日本で12月25日を「クリスマス」ではなく「単なるホリデー」扱いすることは、公正でも中立でもない。なぜなら、12月25日はかつて日本でもホリデーであったことがあるからである。大正天皇祭だ。日本で12月25日に置かれた法定のホリデーは、今の所これしかない。つまり、日本で12月25日にことさら「メリークリスマス」を避けて「ハッピーホリデー」と言うことは、戦後ホリデーでなくなった日をホリデー扱いすることであり、すなわち戦前回帰宣言なのだ。「少数派」(人口の約99パーセント)に配慮して無難な表現を選んだつもりが、相当強烈な政治的メッセージを発していることになる。
 「右翼じゃないやい! 公正・中立を心がけてるんだい!」というならば、12月25日以外の日も「ハッピーホリデー」と言うようにしなければならない。なあに、1年365日、時々366日、多分世界のどこかじゃ「ホリデー」だ。


 勘違いした「ぽりちかる・これくとねす」には、うんちをなすりつけなければならない。


(2016年12月25日追記)
 やっぱり今年もやった


* 米国(アメリカ)の祝日・休日カレンダー