「もふもふ」という擬態語がある。この語は、次のように解説されている。

モフモフとは、毛や羽の感触がもふもふしていることをあらわす擬音である。

ニコニコ大百科 2008年

毛(髪、哺乳類、羽毛等)や衣類、その他やわらかそうな物の隙間に空気を抱えている感じを表したオノマトペ。

ピクシブ百科事典 2009年

多量の柔らかい毛をもち、ふかふか、ふわふわ、ふさふさ、もこもことした様子。猫やウサギの愛くるしい様子などを形容するのに使われることが多い。

実用日本語表現辞典 2010年

もふもふ。ふわふわしていることの例え。
ハムスターなどのふわっとした動物を表現するときに使用されることが多い。

はてなキーワード 2013年

子犬や子猫のように、もこもこふわふわした様子を表す擬態語です。

「もふもふ」の意味と使い方 2013年

 しかしながら、以上はすべてネット上の、しかもあまり権威のないサイトの解説である。続きを読む