学問がすべて

つまらないは正義

2014年07月

That S V

 2014年6月30日のエントリーでも言及したが、「るろうに剣心」北米版アニメでは、「~ござる」という台詞が"that S V"と訳されているらしい[1]
 この"that S V"というのは、あまり使われない表現のようで、なかなか用例を見つけることができなかった。
 だが、先日、とうとう用例を見つけた。

"Incredible," said Kelkad.
Clete smiled. "That it is."

Illegal Alien, Robert J. Sawyer, Penguin Group (USA) inc., p.42

 カナダのSF作家、ロバート・J・ソウヤーの小説「イリーガル・エイリアン」の一節である。この部分は、日本語訳では以下のようになっている。

「信じがたいことだ」ケルカッドがいった。
 クリートはにっこり笑った。「いやまったく」

「イリーガル・エイリアン」 訳:内田昌之 ハヤカワ文庫 p.71

 "That it is."は「いやまったく」と訳されている。「そうでござる」などとは訳されていない。

 "That it is."という台詞の主、クリートは、いわゆる侍キャラのような、堅苦しい、時代がかった話し方をする人物ではない。むしろ逆で、南部方言まじりで愛想よく喋る、気さくな人物として描かれている。作中でも、「愛想はよかったかもしれないし、たしかに田舎くさい魅力はあった」「俗受けするタレント」(いずれも日本語版p.97)などと評されている。
 つまり、"that S V"という表現は、必ずしも、堅苦しく、時代がかったものとは言い切れないのだ。江戸時代でもすでに古風な話し方であった<武士言葉>[2]とは違うのだ。

 とはいえ、上に引用した部分を見てもらえばわかるように、クリートは"That it is."という言葉を相槌として用いている。一方、「るろうに剣心」の剣心は、自分の台詞の末尾に"that S V"をつけている。つまり、両者の用法には若干のずれがあるのだ。だが、あいにく資料が乏しいため、相槌としての用法と文末表現としての用法に何らかのニュアンスの違いがあるのか、それとも特に違いはないのかはわからない。


[1] 英語で「ござる言葉」を話そう! 北米版『るろうに剣心』でフタエノキワミ、アッー!
[2] 「江戸時代の国語 江戸語」 小松寿雄 東京堂出版

<気さくな男ことば>


 言語学・日本語・方言板@JBBS掲示板には、次のような書きこみがある。

2 :名無しさん:2011/02/27(日) 02:32:25
英語などの吹き変えは何であんなに役割語を強調してるんだろう。
なぜかタメ口率がやたら高いし、男は「もちろん~さ!毎日~してるよ!君は~してるのかい?」みたいな口調、
女は「もちろん~よ。~してるわ!あなたは~してるのかしら?」みたいな口調。こんな口調の日本人はいない。
吹き変えでなくてもドラマなど台本があるものでは男性語、女性語が強調されてるのもあるけど、吹き変えに特に顕著。
吹き変え独特の口調というのが明らかに存在する感じがする。


3 :名無しさん:2011/02/27(日) 08:00:18
ええがな。
日本は吹き替えにおいて外人っぽさを表すのをあれで表現したんだろ。
アメリカならそれぞれスペイン語訛り、日本訛り みたいに各地域の人が話す訛った英語で役割を出すけど

役割語 (老人語・女性語・武士語・擬似方言など) について語る

 また、「翻訳がつくる日本語」(中村桃子 白澤社)では、「やあ、○○。~さ」や「~かい、~だい」に代表される話し方を「翻訳版・気さくな男ことば」と呼び、専ら外国人男性の発言を日本語に翻訳する場合に使われる表現と述べている。

 かたや(多分)好事家、かたや言語学者、だが、「やあ、○○。~さ」のような話し方を「翻訳独特の表現」と見なす点では共通している。

 では、本当に「やあ、○○。~さ」のような話し方は「翻訳独特」なのだろうか。答えは否である。

 確かに、現実世界で「やあ、○○。~さ」などと話す人は少ない。間投助詞としての「さ」はしばしば耳にするが(例:あのさ、それでさ etc.)、終助詞としての「さ」は、少なくとも共通語ではあまり聞かない。「やあ」という挨拶も、「~かい、~だい」という文末も、ふざけた発話くらいでしか使われない。
 だが、フィクションの台詞に目を移すと、日本人キャラクターの台詞であっても、「やあ、○○。~さ」に類する言葉づかいが当たり前に登場するのだ。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ