3月24日の記事の続きである。

 前回、6つのサンプルについて、和文の文字数と英文の語数の関係を調べたが、今回は、さらに4つのサンプルについて調べた。なお、前回同様、文字数を数える際、句読点などは無視した。また、注釈にある行番号は、タイトルなどを無視し、本文の行数だけを数えたものである。

五稜郭タワーのパンフレットの一節
日本語:184文字
英語:100語

「moetan II」
日本語:192文字[1]
英語:128語[2]

「日本――その姿と心――」
日本語:198文字[3]
英語:97語[4]

「ハリー・ポッターと賢者の石」
日本語:193文字[5]
英語:67語[6]

 英語1語当たりの日本語の文字数の値は、上からそれぞれ1.84、1.5、2.04、2.88。以前調べた6つの結果と合わせると、平均値は約2.2となる。前回の結果と比べて、さして大差はない。
 今回の結果を元に計算すると、英語の母語話者の平均読解速度300語/分は、和文では約660文字に相当することになる。日本語の母語話者の平均読解速度は600文字/分。日本語の方が英語より速く読めるというのは間違いだということがよくわかる。


[1] 「moetan II」上 三才ブックス 附属小冊子p1, l1-7.
[2] 同上 本体p13.
[3] 「日本――その姿と心――」第3版 (株)日鉄ヒューマンデベロプメント 監修:新日本製鐵株式会社能力開発室 学生社 p30, l1-11.
[4] 同上 p31, l1-11.
[5] 「ハリー・ポッターと賢者の石」 J. K. ローリング 訳:松岡佑子 静山社 p7, l6-10.
[6] Harry Potter and the Philosopher's Stone J. K. Rowling, Bloomsbury Publishing Plc, p7, l26 - p8, l1.


まとめ
2013年シリーズ記事まとめ