Googleで「アイヌ語」と検索すると、地名考のページが散見される。本屋や図書館に行けば、アイヌ語地名に関する本も見つかる。言語そのものに関する本より目立つくらいだ。実際、現在日本で使われているアイヌ語の単語の大半は地名だし、雑学としても楽しいから、地名考ばかりが取り上げられるのも理解できなくはない。

 北海道の地名の由来やアイヌ語の原名には、詳しく分かっているものも多い。だから、権威のある地名考の本――山田秀三の「北海道の地名」(草風館)など――を参考にするのであれば、地名解説もしっかりしたものとなりうる。
 だが、素人の独自解釈はひどい。特に、関東以南の地名をアイヌ語で解説したものなどには、あまりにも滅茶苦茶で呆れ果てるようなものも少なくない。
 確かに、専門家で関東以南のアイヌ語地名を研究している人もいる。しかしながら、例えば山田秀三も関東地方のアイヌ語地名の研究を行っていたが、はっきりとした結論は出せなかった[1]。このように、現段階では、関東以南のアイヌ語地名はまだ明らかになっていないのだ[2]。なお、「えびす」はアイヌ語由来の可能性のある地名だが、命名したのは和人なので、普通はアイヌ語地名扱いしない。

 関東以南の地名をアイヌ語で解釈した例としては、「『富士』の語源はアイヌ語で『火』を意味する『フチ』」という説が有名だ。「日本国語大辞典」にも載っている説だが、これは間違いである。火の神を「フチカムイ」と呼ぶことから、「フチ=火」と解釈したのだろうが、正しくない。huciは「火」ではなく、「おばあさん」という意味だ。hucikamuyが火の神という意味になるのは、火の神が老婆の姿をしているからである。

 また、「アイヌ語地名ファンブック」(本田貢 彩流社)では、1965年に出た「日本アイヌ語地名考」(山本直文)という本が紹介されている。「日本アイヌ語地名考」というのは日本全国の地名をアイヌ語で解釈した本なのだが、あまりにも滅茶苦茶、捧腹絶倒の解釈が目白押しなのだ。例えば、「アイヌ語地名ファンブック」には、次のような例が引用されている。

 静岡 si-tu-oika 大きな浦越し
 岐阜 ki-u 葭葦の広野
 金比羅 kot-pira 岩石の崖

 岐阜は戦国時代、静岡に至っては明治時代にできた地名だ。当たり前のことだが、戦国時代の岐阜や明治時代の静岡では、アイヌ語など使われていなかった。また、金比羅はサンスクリット語だ。
 アイヌ語の説明もいい加減だ。例えば、kotは「くぼみ」という意味であり、岩石のことではない。tuに「浦」という意味はないし、uという名詞もない[3]。上に挙げたもの以外では、「島」とつく地名は「suma 島」と解釈されているものが多い。だが、これも間違いだ。sumaは島ではなく石という意味だ。
 前述の通り、「日本アイヌ語地名考」は1965年の本だ。だから、アイヌ語の解釈が杜撰なのは仕方ない。何せ、当時はろくに辞書もなかった。「アイヌ語方言辞典」ですら出たばかりだったのだ。だが、静岡や岐阜、金比羅をアイヌ語由来にする点についてはさすがに擁護できない。「セントレア」や「みなとみらい」をアイヌ語で解釈するのと同レベルの荒唐無稽ぶりだ[4]

 ロマンや意外性の追求、反中央志向、民族主義……。関東以南の地名を根拠もなくアイヌ語で解釈する動機としては、いろいろなものが考えられる。だが、背後にどんな考えがあっても、できるのは低レベルな語呂合わせばかりだ。正しくない上に、ギャグとしても面白くない。

 上で、北海道の地名の由来には明らかになっているものも多いと書いたが、それでも誤った解釈は存在する。例えば、爾志郡という地名は明治の頭にできたもので、その語源は和語の「西」なのだが、永田方正の「北海道蝦夷語地名解」では、アイヌ語のヌーウシ(豊漁場)に由来すると述べられている[5]。なお、永田地名解が発行されたのは1891年。爾志という地名ができて、まだ二十数年しか経っていない時期のことだ。


[1] 「アイヌ語地名の輪郭」 山田秀三 草風館
[2] アイヌ語地名とインチキアイヌ語地名説について #gengo
[3] 「アイヌ語千歳方言辞典」(中川裕 草風館)、「アイヌ語絵入り辞典」(知里高央・横山孝雄 蝸牛社)、「萱野茂のアイヌ語辞典」(萱野茂 三省堂)、「知里真志保著作集 3」(知里真志保 平凡社)の4冊を確認。
[4] 1965年にはそんな地名などまだ存在しないが。
[5] 「北海道の地名」 山田秀三 草風館