2月17日のエントリーの続きである。

 前回ライトノベル40作の主人公の学年を調べてみたが、今回はさらに12作について調べてみた。以下に結果を示す。


タイトル著者レーベル主人公学年
名門校の女子生徒会長がアブドゥル=アルハザードのネクロノミコンを読んだら早矢塚かつや一迅社文庫土方敏文高1
友達からお願いします。清水マリコMF文庫J山科楓高1
ツイてない!三門鉄狼MF文庫J奏真琴高2
地球の切り札鷹見一幸角川スニーカー文庫最上健吾中3
ヴァルキリーワークス逢空万太GA文庫大神理樹高1
サディスティック・エージェント中里融司GA文庫桐生真琴高2
ウェディング・ドレスに紅いバラ田中芳樹集英社スーパーダッシュ文庫花村雅香大1
恋はいつも切なくて唯川恵集英社文庫コバルトシリーズ石川有加高2
うちのメイドは不定形森瀬繚
静川龍宗
スマッシュ文庫新井沢トオル高1
桜色の春をこえて直井章電撃文庫真世杏花高1
楠木統十郎の災難な日々南井大介電撃文庫楠木統十郎高3
わたしと男子と思春期妄想の彼女たちやのゆいファミ通文庫峰倉あすみ中2


 前回の結果と足し合わせると、学年ごとの主人公の人数は以下の通りになる。

 小5:2人
 小6:なし
 中1:2人
 中2:4人
 中3:3人
 高1:20人
 高2:12人
 高3:3人
 大1:4人
 大2:1人
 大3:1人

 簡単にするとこうなる。

 小学生:2人
 中学生:9人
 高校生:35人
 大学生:6人

 12作のデータが加わったとはいえ、大まかな傾向に変化はない。相変わらず大半が高校生だ。特に1年生が多い。別に狙って集めたわけではないのだが、結果的には高校1年生が主人公の作品が4割近くを占めている。


続き
ライトノベルの主人公の学年 その3

まとめ
2013年シリーズ記事まとめ