アイヌ語スレッド (言語学板

1 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/05/31(木) 23:11:49.70 0
外国語板に立てようとしたが、どうやらこっちに立てるものらしい
 アクセス解析を見るに、アイヌ語関連の単語で検索して来る人が多いようだ。アイヌ語に興味を持つ人が多いというのは、実によいことだ。そこで今日は、2ちゃんねる言語学板のアイヌ語スレッドをまとめてみたいと思う。

2 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/06/01(金) 06:05:33.90 0
2 ku=uk na!!

 唯一のアイヌ語の文章による書きこみ。意味は「2ゲット」。

3 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日: 2012/06/06(水) 18:06:06.65 0
アイヌ語の母語話者ってまだ健在?
研究者が把握してる人は何人くらいいるの?


4 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/06/07(木) 06:25:24.28 0
もうほとんどいないだろうね
昔、アイヌ語の辞書作った議員さんがいたけど、あと当時ですら話者が少なくて作るのに苦労したって言ってたし。


6 名前: 投稿日: 2012/06/07(木) 10:48:18.63 0
まあ私もアイヌ語に関してはよく知らないのであれだが、
某アイヌ語サイトでアイヌタイムスだったかな、日本語とアイヌ語を
併記したものが紹介されてあったが、アイヌ語のネイティヴは
居なくなってしまったけど十分復元可能なんだろうか?

 アイヌ語の研究は母語話者がそれなりの数健在であった頃から続いている。方言によってデータの量には差があるが、それでも、主要な方言の語彙・文法についてはかなりの量の記録がある。例えば、1964年に出版された「アイヌ語方言辞典」には、約2100もの語について、北海道内8か所(八雲、幌別、沙流、旭川、帯広、美幌、名寄、宗谷)に加え、樺太、千島の計10か所の方言での形が記されている[1] [2]
 また、アイヌ文化振興・研究推進機構では、毎年アイヌ語弁論大会を開催している。大会は口承文芸部門と弁論部門に分かれているが、弁論部門では参加者は一から自分で考えた内容を発表することになる。これはすなわち、アイヌ語の自由な表現力は失われてはおらず、そして実際に自由な表現が行われているということである。
 わかっている言葉で文を紡ぐことは「復元」とはいわない。「作文」という。

22 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/08/09(木) 07:49:28.64 0
1991年の調査で日本に15人、自然言語としてはすでに消滅してるでしょうね。
故にヘブライ語のように人工言語として再構築できると思う。
新アイヌ語として人工言語を作ってる人もすでにいるはず。

 ヘブライ語を口頭語として復活させるにあたり、ベン=イェフダーは語彙の採集や新語の作成に力を注いだ。ヘブライ語には近代の文物を表す語が不足していたからである。ベン=イェフダーは安易に語彙の借用を行うことをよしとしなかったし、そもそも全ユダヤ人の共通語というものがなかったのだから、借用を行おうにも誰もが満足する借用元は存在しなかった。とはいえ、ベン=イェフダーが本格的に活動を始める前の段階でも、ヘブライ語には新聞を発行したり、「ロビンソン・クルーソー」を訳したりするくらいの表現力があったのだが[3]
 一方、アイヌ語の事情はヘブライ語とは全く違う。近代の文物を表す語がないという点は共通しているが、それ以外の点に大きな差異があるのだ。まず、アイヌ語話者には、アイヌ語の他に日本語という共通語がある。母語話者がアイヌ語で会話する際、日本語を交えることも普通に行われてきた。すなわち、近代の文物について語る場合、日本語をそのまま借用すればよいのだ。造語で語彙を増やすまでもない。また、アイヌ語の表現力が失われていないことは前述の通りである。アイヌ語を人工言語として再構築する必要など、さらさらないのだ。

26 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/14(金) 21:02:41.51 0
>>22
この20年間、年寄りががんばって
子供たち対象にアイヌ語の勉強会を力入れてきたから
むしろ若年者でしゃべれる人増えたよ
ネットで言うほど消滅寸前って状況じゃないよ
ぶっちゃけアイヌ語より英語勉強させてってカンジだったけど

 古いデータだが、1994年の時点では、年間のべ300人ほどの人が道内各地のアイヌ語教室でアイヌ語を学んでいた[4]。この数字が多いのか少ないのかはわからない。

30 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/16(日) 04:19:11.70 0
アイヌって、雑居地域があったみたいだけど、
それって言語的な変化は与えなかったんだろうか?


31 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/16(日) 08:01:37.51 0
>>30
そもそもアイヌ語自体が
いろんな言語の総称だから


32 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/16(日) 20:18:08.48 0
>>31
それは言い過ぎ
北海道、北千島、樺太の間でも同じ言語の変種とわかる程度の差しか無かった

 31がアイヌ語について全く知らないことは明らかだ。
 まず、アイヌ語の方言間の差異は小さい。32の言う通り、例えば千歳方言を少々かじった程度であっても、樺太方言の資料を見て、それが同じ言語の変種であることはすぐにわかる。多少の違いこそあれ、文法も語彙も音韻も明白に同種の言語のものだ。
 ついでに言えば、アイヌ語に隣接するツングース諸語や古アジア諸語を「アイヌ語」と呼ぶことはない。

33 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/16(日) 20:25:13.86 0
>>30
樺太方言にはニヴフ語やツングース語起源の語彙や
それらを経由して大陸から入ってきた語彙が若干あったみたいだね。
北海道方言に比べて文法的に少し崩れた感じがするのも他言語の影響かもね。
樺太の諸言語の中でアイヌ語が一番発音が簡単だからリンガフランカになってた
みたいな話をどこかで読んだことがある。


34 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/29(土) 21:58:00.94 0
アイヌ語樺太方言には満州語tanku=「1000」などの借用語もだいぶあるそうな。
動物の「クズリ」などはニブヒ語から日本語に採り入れられた語例かな。


35 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/29(土) 23:29:26.23 0
tunakkay=トナカイもニヴフ語だよな。

kaco=(シャーマンが使う)太鼓
のようなシャーマニズム関連の語彙もけっこう入ってるみたいだね。
宗教関連でkamuy, nusa, pasuyのような日本語由来の語彙と共存しているのが興味深い。
アイヌ固有の信仰とは一体何だったのか?

 中川裕によると、用語のみならず、儀礼に酒や漆器を使うなど、アイヌの宗教には和人由来と思われる要素が多いという[5]

36 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/09/29(土) 23:43:11.70 0
だからアイヌっての自体が総称
一括りにしたらゴチャ混ぜになるに決まってる

 繰り返すが、ツングース系民族や古アジア諸民族が「アイヌ」と呼ばれることはない。内部のバリエーションこそあれ、北海道アイヌも樺太アイヌも同系の民族だ。

54 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日: 2012/11/07(水) 17:41:02.20 0
ところでアイヌ語って連濁現象ってあるの?Wikipediaでは、弁別する子音には破裂音や破擦音で有声のものは無いみたいになってるけど
人名でキナラブックとかサンゲアとか濁音が出てくるのもあるけど


55 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/11/08(木) 02:57:13.80 0
>キナラブック
石狩方言ではpがbのように発音される傾向が強かったらしい。

>サンゲア
鼻音の後では有声化しやすい傾向がある。たしか『アイヌ神謡集』でもそうだ。
有声無声の弁別はなく、異音の関係にある。

 55の書きこみにある「アイヌ神謡集」の下りは必ずしも正しくない。確かにingarash(現在の一般的な表記法ではinkar=as, p64)のような濁音表記もないことはないが、多くはinkarash (inkar=as, p10)、hunpe (p36), humpe (p38)などのように、鼻音の後でも清音で表記している[6]

74 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日: 2012/12/16(日) 02:12:16.02 0
この人はアイヌ語訛りがあるらしい。
http://youtu.be/uHb9tuf_5Sw

1970年の時点で60代ぐらいのアイヌ男性。
今生きていたら102歳以上。萱野茂氏の親より少し若いぐらい。


この人がアイヌ語を話せなくても、親のアイヌ訛りを聞いて育ったのは確実。

75 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! [sage] 投稿日: 2012/12/17(月) 02:45:11.78 0
すまん、

事件は昭和45年でも、番組は昭和59年頃のだろ?



とのレスがあった

 言語学板のアイヌ語スレッドで、まともにアイヌ語について書かれているものはこれくらいである。あとは外国語板や言語学板のあり方とか、言語学者とは何かといった、スレッドのテーマとはあまり関係のない話題で占められている。

 なお、74で挙げられていた動画は、方言板「【千島】北海道方言・アイヌ語【樺太】」というスレッドでも話題になっていた。以下、件のスレッドの書きこみを引用する。

115 名前: 名無す 投稿日: 2012/12/15(土) 22:23:25.14 ID:WYQIRZl4
二風谷のアイヌ 貝澤氏 
http://youtu.be/uHb9tuf_5Sw

この訛りって北海道でよく聞かれる訛りなんですか?
なんか沖縄っぽくも聞こえるんだけど

116 名前: 名無す [sage] 投稿日: 2012/12/16(日) 00:25:54.56 ID:gD0TxkOo
>>115
道民だが、年配の人はだいたいこんな感じで喋ってるイメージあるな
というか「訛ってる」という印象すらあまり持たないんじゃないかと思う

117 名前: 名無す [sage] 投稿日: 2012/12/16(日) 01:11:09.40 ID:DuplxsmG
>>115
これはすごい資料映像だ…
北海道方言の要素に加えて、アイヌ語の発音が干渉しているように聞こえる。
濁音が、東北的な入渡りではなく、無声無気音(北京語の無気音と類似)のような音になっていて、
なんというか、「清濁が中和している」ところが何箇所もある。
あと、アクセントが緩やかな登り核っぽくふるまっているのも、アイヌ語と同じ。
でも、母音の音価は北海道方言に近い。独特だよなあ。
和人の北海道方言は、その後で出てくる女性の発音が典型的。濁音の発音が明らかに違うことがわかると思う。

アイヌ語の干渉は無いとされてきた、アイヌの日本語だが、
少なくも昭和中期までは、しっかり残っているように思えてならない。
もし>>116氏の言うとおり「だいたいこんな感じ」なら、
かなり広範にアイヌ語発音の影響が広まっていることになる。

118 名前: 名無す 投稿日: 2012/12/16(日) 02:07:12.05 ID:ZhTBdJnN
>>117
おっ、マジですか?
なんか普通の北海道訛りとは違った独特の訛りだなぁと思って、その可能性があるなと思っていました。

この番組は少なくともこの事件が起こった年に放送されたものだと思われるし、

1970年(42年前)の時点でこの貝澤氏は60代ぐらいと思われるので、
今生きていたら102歳以上ということになる。

これぐらいの年代の人って普通にアイヌ語は話すことができたのかな?

アイヌ語最後のネイティヴ(バイリンガル)と言われた萱野茂氏は、今生きていたら86歳で、
この人はそれよりも20歳近く上と言うことになるので、萱野氏の親の年齢に近いと言っても良いぐらいかな。

萱野氏の場合
”すでにアイヌ語を自在に操れる話者は少なくなっていたが、アイヌ語を完全に母語とする祖母に育てられたため、アイヌ語と日本語、2つの言語を母語として身につけた。”
とのことなので、普通なら萱野氏の親世代がバイリンガルになれる世代だったと言うこと。(だが、日本語を選択したのかもしれない)

いつ頃からアイヌが日本語を使うようになったんだ?

この貝澤氏がアイヌ語を母語にはしてないかも知れんが、ある程度アイヌ語が分かる可能性があり、
親のアイヌ訛りを受け継いでるということは確実と言って良いな。

貴重な映像だと分かって嬉しいです。

 方言板は、はっきり言わせてもらえばかなりレベルの低い板である。俚言の羅列、あるいはお国自慢や地域対立といったくだらない書きこみばかりが目立つ。件のスレッドにしても、アイヌ語を北海道弁の一種か何かと勘違いした間抜けな1の立てたものである。加えて言えば、方言板の北海道方言スレッドを見るような人は、アイヌ語などよりもむしろ日本語の北海道方言に興味があるはずだ。それなのに、動画の中のアイヌ語訛りに反応していたのは、言語学板ではなく、方言板の方だ。
 「アイヌ語スレッド」なのに、アイヌ語に興味がある人、アイヌ語の知識がある人がいない。おまけに、別の板の間抜けなタイトルのスレッドに負けている。いくら2ちゃんとはいえ、実際情けない事態だ。


[1] アイヌ語方言辞典
[2] 「アイヌ語方言辞典」 服部四郎・編 岩波書店
[3] 「ヘブライ語の父 ベン・イェフダー」 ロバート・セントジョン 島野信宏・訳 ミルトス
[4] 「アイヌ語をフィールドワークする」 中川裕 大修館書店
[5] 「アイヌ語のむこうに広がる世界」 中川裕 編集グループSURE
[6] 「アイヌ神謡集」 知里幸恵・編訳 岩波文庫