いろいろな国の駐日大使館のウェブサイトで使われている言語について調べてみた。

 ベルギー  オランダ語、フランス語、英語
 カナダ 英語、フランス語、日本語
 中国 中国語、日本語
 デンマーク デンマーク語、英語、日本語
 フィンランド フィンランド語、スウェーデン語、英語、日本語
 フランス フランス語、日本語
 ドイツ ドイツ語、日本語
 インド 英語、日本語
 アイルランド 英語、日本語
 イタリア イタリア語、日本語
 韓国 韓国語、日本語
 ルクセンブルク 英語、日本語
 マレーシア 英語
 オランダ オランダ語、英語、日本語
 ニュージーランド 英語、日本語
 ノルウェー ノルウェー語、英語、日本語
 ペルー スペイン語、英語、日本語
 南アフリカ 英語
 スペイン スペイン語、英語、日本語
 タンザニア 英語、日本語
 タイ タイ語、英語、日本語
 トルコ トルコ語
 ウクライナ ウクライナ語、英語、日本語
 イギリス 英語、日本語
 アメリカ 英語、日本語
 ベトナム ベトナム語、英語

 ベルギー、カナダ、フィンランドには、複数の公用語がある。そのため、駐日大使館のサイトもそれぞれの言語のバージョンが存在する。

 一方、同様に多言語国家であるインドやタンザニアの大使館のサイトには、英語版と日本語版しかない。これらの国では、英語は民族間の共通語であり、高等教育での教授言語でもある。だが、インドとタンザニアの第一公用語は、それぞれヒンディー語、スワヒリ語なのだ。

 南アフリカには11の公用語が存在し、憲法ではすべての公用語が平等であることが謳われている。公用語が複数あり、それらの地位が平等であるという点では、ベルギーやカナダ、フィンランドと同じだ。だが、駐日大使館のサイトで用いられているのは英語のみだ。

 マレーシアも多言語国家だが、公用語はマレー語のみである。だが、駐日大使館のサイトで用いられているのは英語のみだ。

 ルクセンブルクの公用語はドイツ語とフランス語、そしてルクセンブルク語である。だが、駐日大使館のサイトでは、そのいずれも使われていない。

 ノルウェー語には2種類の標準語(ブークモールとニューノシュク)があり、公式には両者の地位は等しい。だが、駐日大使館のサイトにはノルウェー語版があるが、1種類しかない。私はノルウェー語を解さないので、それがブークモールなのかニューノシュクなのかはわからないが。

 アイルランドは国民の大半がアイルランド系であり、第一公用語もアイルランド語である。日常的にアイルランド語を使う住民は多くても7万人ほどしかいないが、アイルランド語は義務教育で必修科目となっている。だが、駐日大使館のサイトには、挨拶と外務省のマーク以外にアイルランド語の出番がない。


 おまけ
 在日本大韓国民団 韓国語、英語、日本語
 北海道アイヌ協会 英語、日本語
 横浜中華街 中国語、英語、日本語