学問がすべて

つまらないは正義

雑記

新しくない話

 最近気になったもの。

 1つ目

実に判りやすいでしょう。自分は最終的に呉智英に賛同するけど(リンク先参照)、ただ、上のリンクでも『漢文を読むことが必要だというなら、(現代)中国語の文法と発音で理解すりゃいいじゃん。内容を深く知りたいなら翻訳を読むべきじゃん』という論は死角でしょ?ギリシャ古典思想やローマの文藝、サンスクリットの宗教論を読むとき、われわれはどうやっているか、と。

「漢文教育是か非か」について、過去の記事からまとめて論じます

 死角どころか、下のスレッドなどではさんざん持ち出されている論である。

 漢詩文は中国語で読もう
 古文・漢文は高校の授業科目から外すべき!


 2つ目

自分が

■なぜ「BL」という文化・フィクションが好まれるのか?を徒手空拳でゼロから考えてみる。http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110127/p3

をほんとに、自分なりにゼロ地点から考察してから7年かーー。そりゃNHKでふつうに表題に使われるぐらい一般化するわけで(当時からかもしれんけど)。

2018年初頭のねほりんぱほりんは「腐女子」を取り上げるんだって。NHKでこの単語使われるのも考えてみりゃすごい

 NHKが「中学生日記」で腐女子を題材にしたのは2007年5月。今から11年近く前のことだ。


 3つ目

https://twitter.com/KEUMAYA/status/946654064443457537

 似たようなものはすでにあるが、それで困っている人がいる様子はない。


 日の下に新しきものなし。

レッドリストと獣耳アニメ



 レッドリストといえば、15年前にアニメ化された「東京ミュウミュウ」でも題材にされていたことを思い出す。そういえば、こちらも獣耳アニメだ。
 そこで、ピクシブで「けものフレンズ」と「東京ミュウミュウ」のクロスオーバーネタがないか探してみたら、いくつか見つけることができた。ただし、レッドリストつながりネタは見当たらなかった。

劇場版アニメの当たり年


 2016年は劇場版アニメの当たり年。私も、話題になったあの作品を見に行ってきた。

 期待を裏切らない、面白い映画だった。

 公式サイトのトップ絵を見ただけでは間違いなく誤解してしまうだろうが、あのエピソードはどちらかと言えばおまけに近い。実際の映画のメインはむしろオリジナルストーリーである。だから、全く新鮮な気持ちで見ることができるし、原作のあのエピソードが嫌いという人にも充分お勧めできる。
 新鮮な気持ちとは言っても、ストーリー展開に意外性があったというわけではない。そもそも彼女がどのような選択をするかはわかり切っていたわけで、結論がどうなるのかを期待してみるようなものでは決してない。だが、それは欠点ではない。そもそも、この映画の見所は予想を裏切る展開などではないからだ。あの結論に至るまでの彼女の葛藤こそが肝なのである。
 さて、映画にはもちろん笑いの要素も含まれていたが、それでも原作などに比べて控えめであった。特に過去のパートでは。そんな中、さりげなく織りこまれた原作者の別作品ネタには思わずにやりとしてしまった。あの2人がすれ違う様子が頭に浮かぶ。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ