学問がすべて

つまらないは正義

社会

「同性婚と同様に一夫多妻も認めろ」と結婚届が提出された…というニュースを受けての感想集


 「同性婚と同様に一夫多妻も認めろ」と結婚届が提出された…というニュースを受けての感想集

【同性婚認めたから「一夫多妻も認めろ」と結婚届提出 http://5.tvasahi.jp/000053981?a=news&b=ni】
実は以前からも、モルモン教の分派などが多いユタ州などで問題になったりしており、近親婚が禁止されている制度とならんで、この問題は(同性婚の許容の立場からは)知る人ぞ知る難問とされていました。
ですがこの前、米連邦裁判所で「同性婚禁止は違憲」とされたばかりのこの時期に、こういう訴えがあったことで以前とは違う、極めて大きな注目を浴びているようです。その問題への感想集をまとめました。

 元のニュースのページは消えているが、その本文は以下に転載されている。

 【悲報】「同性婚を認めるなら一夫多妻も認めろ」 変態婚を認めたことで広がるモラルハザード

 さて、2015年6月26日、アメリカ連邦最高裁判所は同性婚を認める判断を下したが、その際の裁判所命令の命令文が「美しい」と話題になった。

 人と人のさまざまな結びつきの中で、結婚以上に深い結びつきがあろうか。なぜなら結婚とは、愛の、忠誠の、献身の、自分を犠牲にしてでも守りたい気持ちの、最後に目指す極みであり、家族の生まれるところだからだ。婚姻関係を結ぶことで、二人の個人は、いままでの自分をはるかに超えて深みのある人間になる。

これら訴訟の申立人たちは、たとえ死が二人を分かつとしても、なお途切れぬ愛情が、結婚にはあると証明している。ゆえに、申立人たちが結婚という営みを軽視しているとするのは、大きな誤解である。彼らの申し立ては、結婚という営みの意味を尊重しているがためであり、だからこそ、自らもそれを成し得んとしているのである。

申立人たちの望みとは、最も古い時代よりみなで受け継いできた、婚姻という制度からつまはじきにされぬこと。孤独の内に生きるべしと、無慈悲な宣告をされぬこと。法の下に、平等なる尊厳を求めているのである。憲法は、彼らにもその権利を付与している。よって当法廷は、第六巡回区控訴裁の判断を破棄する。

上記のとおり命令する。

アメリカ最高裁が同性婚を認める その命令文が美しいと話題

 気持ち悪いねえ。文芸作品ならともかく、公的な命令文で「愛」とか、「献身」といった情緒的な単語の連続。鳥肌が立つ。続きを読む

日本文化の本場から見る「文化の盗用」問題


 カーリー・クロスが炎上謝罪  日本文化を盗用と指摘、米VOGUE誌で「芸者スタイル」披露

 文化を盗用しているのは誰か? それは、カーリー・クロス氏や「VOGUE」に抗議している人である。そして、その尻馬に乗っている人である。続きを読む

SF作家 山本弘先生の「日本人のモラルが昔から高かったと思うな」「日本人のモラルは昔より格段に向上している」


 SF作家 山本弘先生の「日本人のモラルが昔から高かったと思うな」「日本人のモラルは昔より格段に向上している」







 要するに、中国はみそっかすで、日本は中国より「成熟」していて、アメリカは日本より「成熟」していて、ヨーロッパはアメリカより「成熟」しているということだ。きっと、アメリカ人やヨーロッパ人は日本人よりもずっとモラルが高く、模範的なマナーを身につけているのだろう。続きを読む

「ハッピーホリデー」は正しくない

 どうせ今年もやるだろう。

 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日は「メリークリスマス!」と言った奴を「お前は少数派を無視する偏狭な差別主義者だ!」とドヤ顔で叱れる日(嘘)。※再論です
 今日「メリークリスマス」とか言う人は、少数者に配慮しないわるいやつ。
 再論「メリークリスマス」。そんな言葉を誰彼構わず言う、マイノリティ無視の偏見者・差別者を叱る(笑)&「聖☆おにいさん」最新刊発売(爆笑)。
 そもそも無差別に「メリークリスマス」とかいうのはPC的によろしくない。(米国のトレンド)

 さて、日本で12月25日に「ハッピーホリデー」と言うことは政治的に正しいか? もちろん正しくない。なぜなら、そもそも「ホリデー」ではないからだ。

 アメリカでは、12月25日は法定の祝日である*。12月25日は宗旨関係なく「ホリデー」だから、「ハッピーホリデー」と言っても間違いにはならない。
 一方、日本では12月25日は普通の日である。今年のカレンダーで12月25日が赤文字になっているのは、日曜日だからであって、祝日だからではない。「祝日=ホリデー」ではない日に「ハッピーホリデー」などと言うことは、ただの間違いでしかない。

 また、日本で12月25日を「クリスマス」ではなく「単なるホリデー」扱いすることは、公正でも中立でもない。なぜなら、12月25日はかつて日本でもホリデーであったことがあるからである。大正天皇祭だ。日本で12月25日に置かれた法定のホリデーは、今の所これしかない。つまり、日本で12月25日にことさら「メリークリスマス」を避けて「ハッピーホリデー」と言うことは、戦後ホリデーでなくなった日をホリデー扱いすることであり、すなわち戦前回帰宣言なのだ。「少数派」(人口の約99パーセント)に配慮して無難な表現を選んだつもりが、相当強烈な政治的メッセージを発していることになる。
 「右翼じゃないやい! 公正・中立を心がけてるんだい!」というならば、12月25日以外の日も「ハッピーホリデー」と言うようにしなければならない。なあに、1年365日、時々366日、多分世界のどこかじゃ「ホリデー」だ。


 勘違いした「ぽりちかる・これくとねす」には、うんちをなすりつけなければならない。


(2016年12月25日追記)
 やっぱり今年もやった


* 米国(アメリカ)の祝日・休日カレンダー

「ぽりちかる・これくとねす」という欺瞞


 あれ?


 たしかポリコレの命題のひとつに

「個々の事例(犯罪や不祥事)があったからといって、それを『○○国』や『○○国人』に一般化するのは、ポリティカルコレクトに反する」というのがあったような、なかったような。

 紳士と淑女(おっと、もちろん両性に限定せず、トランスジェンダーの方なども含みます)の集う良識の府、「はてなブックマーク」に、よもやそういうものがあるはずもなく…

(中略)

しかし削除されていないから、ここに反しているわけではない。

もし反していると思うなら、はてなに連絡してみごと削除させてみよ…と。


どうなんでしょうね。

一雑誌「シャルリー・エプド」掲載の漫画批判…ではなく、そこから一般化して「フランス人」「フランス」批判をすることについて

 これは目新しい問題ではない。このブログでも、すでに2回取り上げている問題である。
 結論から言えば、現代の日本では、西洋人という属性の悪口や戯画化は大っぴらに認められている。不良少年を「アメリカ人」と呼んだり、日本人が古代ローマ人を演じたり、イギリス人を嘘つきの代名詞にしたり、モルドバ人を三枚目として描いたりしても、特別糾弾されたりはしない。だからこそ、「紳士淑女の集う良識の府」であっても、フランス人の悪口が当たり前にまかり通るのだ。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ