DeNAのキュレーションサイトに数多くの問題があることが指摘され、記事の公開が停止されたのは、一昨年の秋から冬にかけてのこと。この騒動以降、「業者のSEOによる検索結果の汚染」の問題について論じる意見が注目されるようになった。

昔は「気になってる事」+「嘘(デマ、効果がないetcネガティヴワード)」で検索すると
いい事ばかり書いた情弱向け記事ではない、多少はそれっぽく調べたかのような記事がヒットしたりしていた。 
ところが、今の時代はこういうワードだとSEOで先回りされまくっていてノイズまみれだったりする。
並んでる記事の信憑性を記事の提供元や同じ情報がどれだけ支持されているか、で判断するのは正直難しいと思う。

今の時代情報強者になるのはとても難しいと思った話(ダイエット編 2018年1月

なんか昔はインターネットってもっと有用なかんじだと信じてたというか、個人の利害が関係ない情報をたくさん見れた気がするんだけどそういうのも幻想だったんだろうか。

アフィ死ねよ 2017年7月

“Google検索は、ありきたりの検索ワードしか入力しない人には、ありきたりの知識しか見せてくれない。だから、興味深い知識をゲットしたいなら、検索ワードを工夫しましょう”、という考えは4年前には妥当だったと思っています。



でも、2017年のGoogle検索は、当時以上に難しい状況になっているように思われます。

「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。 2017年6月
続きを読む