学問がすべて

つまらないは正義

おたく

ツイートへの返答


 2015年3月11日の記事に対してツイッターで反論があったので、それに対する再反論を書いておきたい。

続きを読む

アニメを見るミーハー・キョロ充


 「オワコン」というネットスラングがある。「終わったコンテンツ」の略で、主に、ブームが過ぎ去ったものを馬鹿にする時に使われる。二昔前のギャル風に言えば、「ふっる~い!」「おっくれってる~!」ということだ。
 すなわち、「オワコン」という言葉を使いたがるのは、トレンディーでナウなヤングにバカウケであることに価値を見出す人なのである。言い換えればミーハーだ。続きを読む

同人誌を販売/購入するという表現

 コミックマーケットなどの同人誌即売会の参加者の間では、「頒布」という語が頻繁に使われる。イベントで同人誌をさばくことを、そう表現することが多いからだ。例えば、同人誌即売会のチラシなどにおいては、「頒布」という語の出現数は、「販売」や「発行」などのそれを上回っている[1] [2]

 「頒布」という表現を好むイベント参加者の中には、「同人誌は、頒布するものであって、販売するものではない。」と主張する人すらいる[3]
 販売は頒布の一種だから、同人誌を有償で引き渡すことを「同人誌を頒布する」と表現しても間違いではない。だが、「販売するものではない。」と言い切ってしまうのは勇み足であり、明らかに間違いである。

 客観的に見れば、同人誌即売会で行われていることが売買、すなわち販売と購入であることに議論の余地はない。販売ではないと主張するならば、イベント参加者の意識の中に根拠を求めなければならない。つまり、イベント参加者の間では同人誌は販売するものではないという意識が一般的であることを示す必要があるということだ。

 販売とは、売ることである。対義語は「購入」、「買う」である。同人誌は販売するものではないという意識がイベント参加者の間で一般的なものならば、「同人誌を売る/買う」やそれに類する表現もはばかられるはずである。
 だが、同人サークルのサイトの日記などを見てみると、イベントにおいて同人誌などを有償で引き渡すことを「売る」・「販売」、有償で受け取ることを「買う」・「購入」と表現している例をいくつも見つけることができるのだ。軽く探しただけでも、以下のようなものを見つけられる。なお、下線は引用者によるものだ。

  • 既刊販売は11時ごろからに。
  • うちのサークルにしては異例なほど多くの女性の方々に本をお買い上げ頂きました。

酔月工房 2013年8月18日

ただし、11月以降に売っていたはたて本「スランプです」を買ったよーという方は100円引きします。

すわこのほとり 2012年12月29日

12月31日 冬コミ西地区りー15aにて「お風呂と牛乳と約束」を
購入してくださった方に先着
にて上のシャンテイラストカードを
さしあげます!

できました~

 また、手元にあった同人誌20冊のまえがき・あとがきを確認してみた所、「お買い上げありがとうございます。」のように、「買う」・「購入」などの語が使われているものが5冊あった。無視できる少なさではない。ちなみに、すべて別のサークルの本である。

 さて、2008年5月に同人誌は「販売」するものではなく「頒布」するものという記事を書いたフラン氏は、同人誌の有償でのやり取りをどう表現しているのだろうか。本家サイトの記事を見てみよう。

買えなかった同人誌とかもちょっとあったのでした。
まぁ、それでも欲しいのは買えたけど!

コミックマーケット84 2日目最終日!

手に取ることが出来なかった本たちは取りあえず通販でお願いすることにします…

コミックマーケット84 2日目行ってきたよ!

 「買う」と言っている。「通販」[4]という言葉も使っている。どちらも、同人誌は販売するものと思っていなければ使えない表現だ。
 5年も経って気が変わったのかと思いきや、

という訳でこの1ページの為だけに買いました

C74同人誌感想(2日目分)

と、2008年8月、わずか3か月後の時点ですでに「同人誌を買う」と言っている。

 用例からは、「同人誌を販売する」という表現を躍起になって否定する理由は見当たらない。
 記憶をたどってみても、「売る/買う」という表現を忌み嫌う主張を見聞きしたことはない。ネット上やイベント会場で「売る/買う」と言っても、別段咎められたりはしない。
 そもそも、コミックマーケット準備会自身が「販売」という言葉を使っているのだ[2]
 

 結局、少なからぬイベント参加者が、同人誌は販売するものと考えているのである。となれば、最早「販売するものではない。」と主張する根拠は存在しない。


[1] 巻末資料「即売会チラシの単語表」
[2] 2010年夏コミ(コミックマーケット78)論文:「同人文化における『頒布』の意味解釈」の全文
[3] 同人誌は「販売」するものではなく「頒布」するもの
[4] 通信販売の略
最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ