学問がすべて

つまらないは正義

「もふもふ」補遺2

 また古い「もふもふ」の用例を見つけた。

もふもふアルパカ獣。 (「動物α図鑑」 松原卓二 マガジンハウス 2010年 p. 82)

(下線は引用者によるもの)

 これまでに見つけた紙媒体での「もふもふ」の使用例で、いちばん古いのは2012年のものだった。だが、これはそれより2年も古い。「もふもふ」の定着は、思っていたより早かったようだ。


 過去の関連記事
 2016年7月4日 「もふもふ」語誌
 2017年11月13日 「もふもふ」補遺

ブローレンヂとサカゼンとセーラー服おじさん


 男性がかわいいワンピースを着ても、いい。 性別や体型にとらわれない新ブランドの思い

 この記事に対する反応ツイートがまとめられているが、判で押したような賛辞だらけで――そういうのを選んでまとめたのだろうが――気持ち悪い。続きを読む

「もふもふ」補遺

https://twitter.com/kaichosanEX/status/903820796388294656

 「もふもふ」という語とその広まりについては、2016年7月4日に記事にした。

 この語のネットスラングとしての使用は、少なくとも2005年までさかのぼることができる。また、オフラインでの使用例も、2012年までさかのぼることができる。
 だが、2016年7月4日の記事で挙げた2012~2015年の用例は、漫画の台詞やアニメソングの歌詞など、いわゆるおたく向けの媒体に限られていた。ネットスラングやおたく用語とは縁遠そうな「週刊新潮」での用例が見られたのは、2016年のことだ。

 では、「もふもふ」という語がネットスラングやおたく用語の域を超え、一般に広く使われるようになったのは2016年以降のことなのだろうか? 否、そうとも言い切れない。

 先日、次のような用例を見つけた。

もふもふした体毛につぶらな瞳と、一見可愛らしい風貌だが、実はなかなかパワフル。 (「ふしぎルックス珍獣ずかん」 珍獣コレクター編集部 宝島社 2013年 p. 51)

もふもふとした体毛に愛嬌のある顔立ちで、動物界きっての癒し系アイドル。 (同上 p. 76)

(下線は引用者によるもの)

 これは、2013年に発行された動物の本の解説の文章である。つまり、いわゆるおたく向け媒体以外での「もふもふ」の使用例は、少なくとも2013年までさかのぼることができるのだ。
 なお、「ふしぎルックス珍獣ずかん」では、「もふもふ」という表現に引用符も註釈もつけていない。これはすなわち、2013年の時点で「もふもふ」がごく普通の表現と認識されていたということでもある。

ブックマークコメントへの返答


 はてなブックマーク - 学問がすべて : 日本文化の本場から見る「文化の盗用」問題

 なぜ5月の記事が9月になって話題になるのやら。続きを読む

「今の若い子って何にお金使ってるの?」というおじいちゃんの問いに、若者が出す答えがこちら


 「今の若い子って何にお金使ってるの?」というおじいちゃんの問いに、若者が出す答えがこちら



 ほんまそれではない。

 「おじいちゃん」の話題なのに、なぜ10年前の話が出てくるのだ。犬じゃあるまいし、10年で若者がおじいちゃんになったりはしない。おじいちゃんと若者の話をするのなら、おじいちゃんが若者だったころ、つまり、四五十年以上前のケースを出さなければならない。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ