学問がすべて

つまらないは正義

関東地方≠都会


 関東人が知ったら驚愕する田舎の常識といえば!?
 地方都市という地獄 あるいは関東圏の「私が住んでるところは田舎だよ(笑」が如何に残酷かについて

 どちらもタイトルに「関東」という語を使ったことにより、大いに説得力を損ねている。続きを読む

ライトノベルの主人公の学年


 現代もののライトノベルの主人公は児童・生徒・学生であることが多いが、その中では何年生が多いのだろうか。調べてみた。

 下の表は、「現代日本の小学校・中学校・高校・大学に通っている主人公」の「シリーズ第1巻、本編開始時点での学年」を示したものである。
 なお、リストアップした40作のうち、5作はアニメなどを原作としたノベライズ作品である。続きを読む

「女キャラ=回復担当」か?


 ゲームだって「学問」できるんだよ。


 【ゲームの女の子】女キャラ=回復担当 という風潮

 そもそも、「女キャラ=回復担当」という前提は正しいのだろうか。「ドラゴンクエスト」シリーズで検証してみた。題材とした作品はDQ2、4、5、6の4作である。また、当エントリーにおいては、「転職」という要素は無視した。

 以下の条件を満たすキャラクターは、全部で28人いる。なお、ベラは妖精だが、ここでは人間キャラに含める。
  • 戦闘要員
  • 性別が決まっている
  • 人間キャラ
 キャラクターの性別および覚える回復呪文は次の表の通りだ。続きを読む

アイヌ語の公用語化


 2008年、アイヌ民族を先住民族と認める決議案が可決された。

 その後開催された先住民族サミットで、日本政府に対して次のような提言がなされた。

 先住民族サミット「アイヌモシリ」2008から日本政府への提言

 その提言の中に、アイヌの言語権を回復し、アイヌ語を公用語化すべしというものがある。アイヌ語を公用語にした上で、義務教育でも学べるようにすべしという主張だ。公用語にという割には、アイヌ語「で」ではなくアイヌ語「を」学べるようにしろというのは腰砕けだが、現段階でアイヌ語を日常的に用いる社会が存在しない以上、アイヌ語で授業を行う学校などを作っても意味がない。

 さて、アイヌ語を日本あるいは北海道の公用語とする場合に必要となることについて、真面目に考えてみよう。

続きを読む

駐日大使館のウェブサイトの言語

 いろいろな国の駐日大使館のウェブサイトで使われている言語について調べてみた。

 ベルギー  オランダ語、フランス語、英語
 カナダ 英語、フランス語、日本語
 中国 中国語、日本語
 デンマーク デンマーク語、英語、日本語
 フィンランド フィンランド語、スウェーデン語、英語、日本語
 フランス フランス語、日本語
 ドイツ ドイツ語、日本語
 インド 英語、日本語
 アイルランド 英語、日本語
 イタリア イタリア語、日本語
 韓国 韓国語、日本語
 ルクセンブルク 英語、日本語
 マレーシア 英語
 オランダ オランダ語、英語、日本語
 ニュージーランド 英語、日本語
 ノルウェー ノルウェー語、英語、日本語
 ペルー スペイン語、英語、日本語
 南アフリカ 英語
 スペイン スペイン語、英語、日本語
 タンザニア 英語、日本語
 タイ タイ語、英語、日本語
 トルコ トルコ語
 ウクライナ ウクライナ語、英語、日本語
 イギリス 英語、日本語
 アメリカ 英語、日本語
 ベトナム ベトナム語、英語

 ベルギー、カナダ、フィンランドには、複数の公用語がある。そのため、駐日大使館のサイトもそれぞれの言語のバージョンが存在する。

 一方、同様に多言語国家であるインドやタンザニアの大使館のサイトには、英語版と日本語版しかない。これらの国では、英語は民族間の共通語であり、高等教育での教授言語でもある。だが、インドとタンザニアの第一公用語は、それぞれヒンディー語、スワヒリ語なのだ。

 南アフリカには11の公用語が存在し、憲法ではすべての公用語が平等であることが謳われている。公用語が複数あり、それらの地位が平等であるという点では、ベルギーやカナダ、フィンランドと同じだ。だが、駐日大使館のサイトで用いられているのは英語のみだ。

 マレーシアも多言語国家だが、公用語はマレー語のみである。だが、駐日大使館のサイトで用いられているのは英語のみだ。

 ルクセンブルクの公用語はドイツ語とフランス語、そしてルクセンブルク語である。だが、駐日大使館のサイトでは、そのいずれも使われていない。

 ノルウェー語には2種類の標準語(ブークモールとニューノシュク)があり、公式には両者の地位は等しい。だが、駐日大使館のサイトにはノルウェー語版があるが、1種類しかない。私はノルウェー語を解さないので、それがブークモールなのかニューノシュクなのかはわからないが。

 アイルランドは国民の大半がアイルランド系であり、第一公用語もアイルランド語である。日常的にアイルランド語を使う住民は多くても7万人ほどしかいないが、アイルランド語は義務教育で必修科目となっている。だが、駐日大使館のサイトには、挨拶と外務省のマーク以外にアイルランド語の出番がない。


 おまけ
 在日本大韓国民団 韓国語、英語、日本語
 北海道アイヌ協会 英語、日本語
 横浜中華街 中国語、英語、日本語
最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ