学問がすべて

つまらないは正義

アイヌ語はどんな言語か

 アクセス解析を見てみると、「アイヌ語+○○」という検索語で来る人が多いことがわかる。

 だが、このブログにはアイヌ語の現状や背景についての記述はあったものの、言語そのものについてはろくに記述はなかった。そんなブログが検索結果上位に来るというのも情けないが、それはさておき、このエントリーではアイヌ語という言語そのものについて書いてみたい。

 さて、そもそもアイヌ語はどんな言語なのか。
 一言で説明すると、日本語とは全く異なる言語である。北海道弁の一種などではない。
 母音がアイウエオの5つだったり、語順がSOVだったりという些細な共通点だけを見て、日本語に似ていると早とちりする方がいらっしゃるかもしれないが、どちらも世界でははなはだありふれたものであって、日本語とアイヌ語ばかりに共通するものではない。

 アイヌ語の学習を始めて、最初に感じる日本語との隔たりといえば、やはり文法だろう。例えば、学習を始めたその日から、人称接辞という日本語にも英語にもない概念と向き合うこととなるのだ。実際、「エクスプレス」でも、第1課から早速ku=とe=という接辞が登場する。
 人称接辞とは、動詞の前後につけて主語や目的語を示すものである。動詞の人称変化という点だけ見れば、例えば欧州諸言語などにも同じようなものがみられるが、アイヌ語の人称接辞には、主語だけでなく目的語をも示す、自動詞と他動詞とでつく接辞が異なるという特徴がある。さらに、人称接辞には、名詞の前において所有表現を作るという機能もある。以下、例を示す。

 wakka ku=ku. 私は水を飲む。
 wakka ci=ku. 私たち(聞き手を含まない)は水を飲む。
 ku=ma. 私は泳ぐ。
 ma=as. 私たち(聞き手を含まない)は泳ぐ。
 tek 手
 ku=teke(he) 私の手

 wakka 水
 ku 飲む(他動詞)
 ma 泳ぐ(自動詞)
 tek 手

 以上の例を見ていただければわかるように、一人称単数を表す人称接辞は自動詞でも他動詞でもku=だが、一人称複数を表す人称接辞は、自動詞では=as、他動詞ではci=となる。また、tekは、所有表現においては所属形teke(he)となる。

 以上、アイヌ語の人称接辞について簡単に触れてみたが、詳しい文法についてもっと知りたい方は、5月19日の記事でお薦めした本などを見ていただきたい。

 さて、実際に行われはしなかったものの、北海道の小学校で、総合的な学習の時間にアイヌ文化体験のカリキュラムを設け、その中で簡単なアイヌ語を教えようというアイディアがあったらしい*。日本語の方言学習と絡めて……ということだが、そもそもアイヌ語は日本語と全く違う言語なのだから、地元の方言を聞く感覚で触れるというのは大分無理がある。


* 第4学年アイヌ文化学習案<総合的な学習>

和文の文字数と伊文の語数の関係

 3月24日7月29日の記事では、和文の文字数と英文の語数の関係について調べたが、今日は、和文の文字数とイタリア語文の語数の関係について調べたい。なお、以前と同様、文字数を数える際、句読点などは無視した。また、注釈にある行番号は、タイトルなどを無視し、本文の行数だけを数えたものである。

「現代イタリア語入門講座」 推薦のことば
日本語:122文字[1]
イタリア語:54語[2]

「サンフランシスコ・シャペロン」
日本語:196文字[3]
イタリア語:94語[4]

「テルマエ・ロマエ」3巻 漫画本編の台詞
日本語:203文字[5]
イタリア語:95文字[6]

「テルマエ・ロマエ」3巻より「ローマ&風呂、わが愛」 vol. 11
日本語:83文字[7]
イタリア語:34語[8]

 イタリア語1語あたりの日本語の文字数は、上からそれぞれ2.26、2.08、2.14、2.44。平均は約2.2。英語1語あたりの日本語の文字数の値とほぼ同じだ。また、母語話者の標準的な読解速度は英語もイタリア語も200~400語/分[9] [10] [11]。間を取って300語とすると、日本語では660文字に相当する量の文章を読めるということになる。日本語母語話者の平均的な読解速度は約600文字/分[12]。日本語も英語もイタリア語も、母語話者の読解速度はほとんど変わらないのだ。


[1] 「推薦のことば」 レオ・マニーノ 訳:加藤久哉。「現代イタリア語入門講座」 興松明 東洋書店 p2, l1-6.
[2] 同上 p1, l1-6.
[3] 「サンフランシスコ・シャペロン」日本語版2008-2009 p22, 左l1-9.
[4] San Francisco Chaperon Versione Italiana 2008-2009 p22, 左l1-12.
[5] 「テルマエ・ロマエ」3巻 ヤマザキマリ エンターブレイン p4.
[6] Thermae Romae III, Traduzioni: Rie Zushi, Star Comics, p4.
[7] 「テルマエ・ロマエ」3巻 ヤマザキマリ エンターブレイン p78, 上l1-6.
[8] Thermae Romae III, Traduzioni: Rie Zushi, Star Comics, p81, l1-3.
[9] Lettura
[10] Reading (process)
[11] 読解速度について
[12] あなたの読書スピードと、日本人平均値の関係


まとめ
2013年シリーズ記事まとめ

「新しい日本語の書き方」のようなスレは追い出そう


 「新しい日本語の書き方」のようなスレは追い出そう (言語学板

1 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日: 2011/03/10(木) 21:01:43.37 0
ここは「言語学板」なんだよ

日本語をカナ・ローマ字・神代文字で表記しようなんてスレが
この板の上位にあるのはおかしいんだよ
続きを読む

真尋さんは2年生

 昨日、「八坂 真尋 学年」なるフレーズで検索してきた人がいた。
 こんなもの、「這いよれ! ニャル子さん」のアニメ公式サイトを見ればすぐわかるだろうと思ったら、公式サイトの登場人物一覧には「高校生」としか書かれていなかった。ビジュアルファンブックも同様だ。

 答えは2年生である。原作1巻31ページに書いてある。

和文の文字数と英文の語数の関係 その2

 3月24日の記事の続きである。

 前回、6つのサンプルについて、和文の文字数と英文の語数の関係を調べたが、今回は、さらに4つのサンプルについて調べた。なお、前回同様、文字数を数える際、句読点などは無視した。また、注釈にある行番号は、タイトルなどを無視し、本文の行数だけを数えたものである。

五稜郭タワーのパンフレットの一節
日本語:184文字
英語:100語

「moetan II」
日本語:192文字[1]
英語:128語[2]

「日本――その姿と心――」
日本語:198文字[3]
英語:97語[4]

「ハリー・ポッターと賢者の石」
日本語:193文字[5]
英語:67語[6]

 英語1語当たりの日本語の文字数の値は、上からそれぞれ1.84、1.5、2.04、2.88。以前調べた6つの結果と合わせると、平均値は約2.2となる。前回の結果と比べて、さして大差はない。
 今回の結果を元に計算すると、英語の母語話者の平均読解速度300語/分は、和文では約660文字に相当することになる。日本語の母語話者の平均読解速度は600文字/分。日本語の方が英語より速く読めるというのは間違いだということがよくわかる。


[1] 「moetan II」上 三才ブックス 附属小冊子p1, l1-7.
[2] 同上 本体p13.
[3] 「日本――その姿と心――」第3版 (株)日鉄ヒューマンデベロプメント 監修:新日本製鐵株式会社能力開発室 学生社 p30, l1-11.
[4] 同上 p31, l1-11.
[5] 「ハリー・ポッターと賢者の石」 J. K. ローリング 訳:松岡佑子 静山社 p7, l6-10.
[6] Harry Potter and the Philosopher's Stone J. K. Rowling, Bloomsbury Publishing Plc, p7, l26 - p8, l1.


まとめ
2013年シリーズ記事まとめ

最新コメント
最新トラックバック
首都圏は関東より広い (みれいの近郊生活(ITI))
関東地方≠都会
  • ライブドアブログ